おすすめの将棋映画5選

この記事では、将棋映画をランキング形式で紹介します。

将棋漫画や将棋の小説は多くあるのに、なぜか将棋映画は少ないんですよね。

なので、ランキングの中には囲碁の映画もランクインさせていただきました。

ご了承ください。

第1位 三月のライオン

言わずと知れた人気漫画である羽海野チカ先生著の”三月のライオン”の映画版です。

主人公の桐山零を神木隆之介さんが演じ、島田開を佐々木蔵之介さん、後藤正宗を伊藤英明さん、宗谷冬司を加瀬亮さんという豪華俳優陣が演じています。

とにかくそれぞれのキャラクターにぴったりの俳優さんたちが起用されていて再現度の高さが凄い作品です。

映画そのものは前編と後編の2部作で、監督をつとめたのは大ヒット漫画”るろうに剣心”を映画化した大友監督です。

原作である漫画もそうですが”三月のライオン”のおもしろさは人間関係にあります。
映画でも将棋という一つの共通点で交わり合いながら、それぞれの思い、事情を背負い、将棋を指す姿が見どころです。

 

第2位 AWAKE

”AWAKE”は実際に行われた2015年の将棋電王戦の第5局、阿久津八段と将棋ソフト”AWAKE”の歴史的一戦から映画化されました。

この第5局は、わずか21手でAWAKEの投了となった記憶に残る一戦です。

詳しくはこちらの記事をどうぞ→ 電王戦FINALの記事

この映画は将棋ソフトAWAKEの開発者である巨瀬亮一さんを主人公に(作中では英一)物語が進んでいきます。

プロ棋士の道を断たれた主人公は、大学でひょんなことから将棋プログラムの開発に目覚める。
そして、自身の将棋ソフトでプロ棋士と対局するという檜舞台まで上り詰めるが…。

という感じの映画です。

 

第3位 神の一手

すみません。これは将棋映画ではなく、囲碁映画です。
こちら韓国の囲碁映画なんですが、正直かなりおもしろいです。

囲碁であるという、この記事に沿わない点を割り引いても、ランクインせざるを得ないぐらいおすすめの映画です。

本音を言うと、もうあまりおもしろい将棋映画がないので囲碁映画を紹介させてください(泣)

神の一手”という映画は賭け碁の映画です。
囲碁のプロである主人公が、殺人の冤罪を着せられて刑務所に入るところから物語は進んでいきます。
刑務所で鍛えられ、復讐に燃える主人公が出所してから、仲間達と、囲碁で次々と敵をやっつける映画です。

イカサマ有り、暴力有りの韓国映画!一見の価値有りです。

 

第4位 鬼手

すみません。こちらも囲碁の映画です。

”神の一手”と同じく韓国の映画で、こちらも復讐物です。

復讐に燃える主人公が修行して、強くなって、宿敵を倒す系の物語です。

”神の一手”と比べるとやや劣るかもしれませんが、将棋と共通するところが多い囲碁の話なので、将棋好きなら”神の一手”と同じく楽しめると思います。

 

第5位 聖の青春

こちら正真正銘将棋映画です。

聖の青春”というと漫画のほうを思い浮かべますが、こちらは映画で、漫画とは別物と考えていいと思います。

小説のほうの”聖の青春”に近いと思います。

怪童として羽生と競り合った”村山聖”を主人公にした映画です。

村山聖役に松山ケンイチさんが抜擢され、約作りに体重を10キロも増やしたことは有名です。

松山ケンイチさんはこの映画について

この映画はヒロインが羽生さんという硬派な映画です。

とコメントしています。

しかし、残念なことに、B級映画です。

殴るシーンがあるのですが、明らかに殴っていないのがわかってしまう、そんな低クオリティーの映画です。

内容はある程度は楽しめるかもしれません。

 

おすすめの将棋漫画の記事はこちらをクリック

おすすめの将棋小説の記事はこちらをクリック

 

タイトルとURLをコピーしました