将棋界の事情

【将棋界の歴代1億円プレーヤーまとめ】1憶円棋士は将棋史上6人だけ!藤井聡太は2憶円を超えるか!?

将棋のプロ棋士はどのくらい稼いでいるのか?1憶円越えの棋士はどのくらいいるのか?
将棋界の歴代の1憶円プレーヤーについてまとめでみました。
ちなみ藤井聡太先生は20代にして対局料だけで1億円を超えています。

歴代の一億円プレーヤー

以下が、1993年から2022年度までの歴代1憶円プレーヤー一覧です。

名前対局料
1993年羽生善治1億63万円
1994年羽生善治1億1297万円
1995年羽生善治1億6597万円
1996年羽生善治1億6145万円
1997年谷川浩司1億1762万円
羽生善治1億812万円
1998年羽生善治1億1466万円
1999年該当者無し-
2000年羽生善治1億595万円
2001年羽生善治1億1519万円
2002年羽生善治1億1048万円
2003年羽生善治1億2910万円
2004年羽生善治1億1272万円
森内俊之1億833万円
2005年羽生善治1億391万円
2006~2007年該当者無し-
2008年羽生善治1億711万円
2009年羽生善治1億1278万円
2010年羽生善治1億1576万円
2011~2012年該当者無し-
2013年渡辺明1億255万円
2014年羽生善治1億1499万円
2015年羽生善治1億1900万円
2016~2019年該当者無し-
2020年豊島将之1億645万円
2021年該当者無し-
2022年藤井聡太1億2205万円
2023年藤井聡太

将棋界にはじめて1憶円プレーヤーが誕生したのは1993年

羽生先生が1億63万円を獲得した年になります。

当時の羽生先生は【王位、王座、棋聖、棋王】の4つのタイトルを保持していました。
それにしても、1憶63万円というギリギリ1憶円を突破してみせるあたり、さすがですね。

それからは、毎年一人のペースで1憶円プレーヤーが誕生しています。ほぼ羽生先生ですが…。

1憶円到達回数(2022年度まで)をランキングにしてみると…。

順位名前回数
1位羽生善治17回
2位谷川浩司1回
森内俊之
渡辺明
豊島将之
藤井聡太

となり、羽生先生だけが突出しているのがわかります(笑)

1憶円超えの対局料を獲得できるのは、ほんの一握りのプロ棋士だけのようですね。

歴代最高額も羽生先生で、七冠王の時の1995年です。

その金額はなんと、1億6597万円

もう2憶円に王手しています。

ちなみに2023年度は藤井聡太先生が確実に1憶円を突破する見込みです。

金額はまだわかりませんが、歴代最高額の1995年の羽生七冠王の時の1億6597万円を超えてくるかどうか…さらには2憶円に到達できるかどうかに注目です。

 

1憶円プレーヤーが2人いた年

余談ですが、1997年と2004年のみ、将棋界には1憶円プレーヤーが2人存在した年になります。

1997年は谷川浩司先生と羽生善治先生です。

1997年谷川浩司1億1762万円
羽生善治1億812万円

1997年当時は谷川先生が【竜王・名人】そして、羽生先生が【王位・王座・棋王・王将】のタイトルを保持していました。

 

続いて、2004年は羽生先生と森内俊之先生です。

2004年羽生善治1億1272万円
森内俊之1億833万円

2004年当時は羽生先生が【王位・王座・棋王・王将】そして、森内先生が【名人】のタイトルを保持していました。

前年度の2003年度に森内先生は【竜王・王将】を保持しており、2004年度の【竜王・王将】のそれぞれのタイトル戦に出場し、かつ【名人】を獲得したため、賞金額が1憶円に到達したものと思われます。

どうやら高額賞金2トップである【竜王】と【名人】のタイトルに絡んでくると、対局料は1憶円に到達するようですね。

created by Rinker
¥1,540 (2024/04/15 05:38:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650 (2024/04/15 05:38:45時点 Amazon調べ-詳細)

-将棋界の事情
-, , , , ,