【羽生 is back】2022年どうして羽生は復活できたのか?【羽生対藤井の王将戦展望】

 

14勝24負

2021年度、羽生は初めて負け越し、通算勝率7割の羽生が、2021年度は、勝率3割6分という絶不調に陥った。

「羽生も衰えたな」

「もう年だな」

「通算100期は無理かあ」

こんな声も聞こえてきた2021年を払拭するかのように2022年、なんと羽生見事復活を果たした。

 

2021年の不調の原因

将棋界の伝説羽生善治が初めて負け越した衝撃は”九段”という段位を名乗った時と匹敵するだろう。

どうして負け越したのか、原因は定かではないが、おそらく昨今のAIを活用した将棋の研究にあると思う。

これまでの羽生の発言からして、羽生はAIの評価値をそこまで信用していない。

「今年一番強い将棋ソフトでも、来年一番強い将棋ソフトに7~8割負けるんです。だから必ずしもAIが示す手も評価値も正解とは限らない」

こう発言していたのが羽生である。

そして、AIを用いた研究が主流になってからずっと、疑問を抱き、AIに対抗してきたのも羽生である。

しかし、2021年度の成績を見れば、どうやら痛い目を見たようである。

それまでも羽生は遅れながらも、AIを用いた研究をしていたとは思うが、どうやら、その研究方法を少し変えて、上手くいったのが2022年度のようである。

 

 

羽生九段はなぜ復活できたのか?

羽生の復活の原動力となったのが、後手番での横歩取り戦法だ。

2022年昨今の現在のプロの将棋では後手番での横歩取り戦法はあまり見かけない。

理由はAIを用いた将棋研究にある。

将棋AIによると、後手番での横歩取り戦法は、即評価値にマイナスが表示される。

それは振り飛車にした瞬間に評価値が若干マイナスに振れるような微々たるものだが、シビアなプロの世界では、少しの差が勝敗を決することも少なくない。

そのため、多くのプロ棋士は後手番での横歩取り戦法を避けるようになった。

しかし、羽生はあえてそこにスポットライトを当てたのだ。

下図は2022年度の王将リーグの羽生(後手)対渡辺(先手)戦である

この時、後手を持った羽生は横歩取り戦法を取った。

そして、この局面のAIの評価値は後手の羽生の44% 先手渡辺56%となっている。

しかし、ここから数手で特別いい手も悪い手もお互い指していないのに関わらず評価値はお互い50%になった。

そして、羽生はこの対局にも勝ち、後に王将リーグ全勝を達成する。

王将リーグでは、他にも対広瀬戦、対近藤戦でも同じように後手番にも関わらず横歩取りを採用している羽生。

AIの評価値では対渡辺戦の時と同じように序盤は羽生のやや劣勢で進むが、結局、中盤に入る前に50%50%まで戻し。見事勝利を納めている。

どうしてこのような結果になったのかを解説すると、

まず第一に後手番で横歩取り戦法をする者がいなくなったので、対戦相手が研究していなかったこと、もしくは研究が浅かったことがあげられる。

それにAIが評価値で先手に若干有利と判定しているため、普通にやれば勝てると考えるのが当然でもあるのかもしれない。
つまり先手有利という結論で研究は打ち切られている可能性もある。

しかし、結果は後手番を持った羽生の勝ちである。

先程の対渡辺戦の局面に戻るが、ここから先手が上手く指し切るのはかなり難しい。

羽生自身もおそらく。AIの評価値的には後手のやや不利だと知っているだろう。
それでも羽生は、不利だとされている局面に自ら踏み込んで盤上で相手に問うのだ。

 

『今あなたが有利ですけど、ここからどう指すかわかりますか?』

 

そして、この結果が、A級順位戦よりもレベルが高いと言われる王将リーグの6戦6勝という快挙なのだ。

果たして、王将戦で現役最強の藤井聡太相手に後手番での横歩取り戦法が通用するかどうか、見ものである。

羽生が今、相手にしているのは人であり、かつAIなのだ。

相手の得意戦法にあえて、踏み込むのが羽生善治であり、AIが不利だと言う局面に、踏み込むのも、まさに羽生善治という大棋士の将棋だ。

運命は勇者に微笑むのだ。

 

 

藤井王将対羽生九段 王将戦の展望

王将リーグを全勝したことにより、羽生は王将のタイトルを懸けてタイトルホルダーである藤井聡太に挑む。

これまで藤井聡太はタイトル戦の番勝負で負けたことがない。

しかし、今回の王将戦はこれまでのタイトル戦とは違う。

藤井聡太ははじめてアウェイでの戦いを強いられることになるだろう。

長年の将棋ファンを始め、関係者各位皆、多くの人達が心の内では羽生の勝利を望んでいるからだ。

応援比は羽生の7対3いや8対2ともなるだろう。

そんな空気の中で藤井聡太がどういう将棋を指すか、そして、羽生の後手番横歩取り戦法への答えに注目である。

そして、羽生は藤井聡太が得意とする角換わりの将棋を受けて立つのかどうか、勝敗はもちろん戦型にも要注目の王将戦七番勝負である。

 

 

タイトルとURLをコピーしました