【いろは坂事件】羽生善治、佐藤康光、森内俊之の将棋界の珍事まとめ

いろは坂事件

この記事では、将棋界の珍事件”いろは坂事件”を紹介しています。

この事件は羽生善治、佐藤康光、森内俊之という大棋士三人の最初で最後のドライブのお話しです。

時は羽生六冠が谷川王将に挑戦する王将戦第二局。
1995年あたりかと思います。
車の免許を取ったばかりの佐藤康光先生は森内先生を王将戦第二局の観戦に誘ったそうです。

その王将戦が行われているのは栃木県日光市。
免許取り立てで、とにかく運転したい佐藤康光先生は自身満々でこう言いました。

「私の車で行きましょう!」

こうして佐藤康光先生と森内先生の二人は車で王将戦の会場に向かうことになります。
佐藤康光先生にとっては将棋の勉強にもなるし、車の運転の練習にもなる一石二鳥の一日でした。

しかし、会場に行く途中に待っていたのは凍結した”いろは坂”
なんとか行こうとする佐藤ですが、スノータイヤもチェーンも付けていないその無理攻めを、森内先生は必死に咎めます。

「ここはバスかタクシーで行ったほうがいいんじゃない?」

車の冬装備という定跡を知らない佐藤康光先生の攻めは、森内先生にいなされてしまい、車を降りてタクシーで行くことになりました。

こうして、2人は無事に王将戦の会場に着いたものの、王将戦は谷川先生の快勝で午後3時には終わってしまいました。
打ち上げも5時頃には終わり、佐藤先生と森内先生の2人が帰ろうとした時に、もう一人帰りたそうにしている人物がいました。

そう。羽生先生です。
羽生善治という新たなメンバーを加え、いろは坂事件は怒涛の終盤戦に突入します。

帰り際、なにを予感したか谷川先生がとても心配そうに「お気を付けて」と声をかけたそうです。

谷川先生の言葉を胸に、羽生先生、佐藤先生、森内先生の三人は車がある、いろは坂の下まではタクシーで、そこからは佐藤康光先生の車で帰路につくのですが…。
途中、首都高に入ると、なんだか佐藤先生の運転が怪しい…。
トラックに囲まれたり、右に寄ったり、左に寄ったり…。

明かな佐藤先生の疑問手に、羽生先生が確信を突く一手を言い放ちます。

「佐藤君、高速は初めてじゃないよね?」

その全てを読み切ったかのような一言に「お願い、初めてじゃないと言ってくれ!」という願いすら感じますが、それに対する佐藤康光先生の切り替えしの一手がすごかった。

「いや…実は高速どころか、夜の運転自体初めてなんだ。」

この羽生先生の読みを超えた佐藤先生の一言で、羽生玉、さらには森内玉にまで必死がかかりました。
そこから、車内は投了近しの無言のお通夜状態。

盤上では端歩を突くのにも、慎重に時間かける佐藤康光先生のことを思うと信じられないくらい大胆。
初高速道路に初夜ドライブ…。しかも同期を道連れ運転…。

当時のことを森内先生はこう振り返る。

「怖かった…運転手の佐藤さんが怖がっているので、乗っているこっちも怖かった…。」

そのあと、安全運転に徹しているはずなのに焦っている佐藤先生の運転で、なんとか何事もなく羽生宅に到着したそうです。

羽生先生はそれ以降、佐藤先生の車に乗ったことはない。
そして、もちろん羽生先生、佐藤先生、森内先生の三人で車に乗ったのもこれが最初で最後となりました…。

これが将棋界に伝わる「いろは坂事件」です。

3人共「永世称号」を持つ棋士なので、もし、事故にでもなっていれば、将棋史は変わっていたことでしょう。

created by Rinker
¥1,265(2023/06/03 20:26:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,045(2023/06/03 12:56:26時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました