米長邦雄の名言まとめ | ブラジルから王手飛車取り

米長邦雄の名言まとめ

「兄貴は頭が悪いから東大に行った。自分は頭がいいから将棋指しになった」 などの名言で知られる米長邦雄永世棋聖の名言を厳選してまとめました。

スポンサーリンク

米長邦雄の名言

「兄貴は頭が悪いから東大に行った。自分は頭がいいから将棋指しになった」

 

「変える必要もないし、変えられない、あるいは変えるのが億劫だということになったら、そのときは僕が引退するときだ」

 

「将棋界も「先生」と呼ばれるうちはまだまだだ、野球界の茂ちゃん、ワンちゃんのように。米ちゃんと呼ばれたい」

 

【将棋について】

「将棋とは、ものすごく複雑なものだというのが、私の将棋観の基本となっている」

 

「将棋に勝因はないんです。あるのはすべて敗因です」

 

「いかなる局面においても、『自分が絶対に正しい』と思ってはならない」

 

「死んだオヤジの棺の前では正座で、将棋盤の前ではあぐらというのはおかしい」

 

「将棋が強くなる方法は、脳みそが汗をかくほど集中して、盤面を見つめることである」

 

「眼前の一局で自分の生涯が決まる。明日はない」

 

「100のうち、99わかっていても、一つわからないことがあってはダメなんだ」

 

「大事な局面では長考しない。簡単に決断する」

 

「私は“将棋とは序盤の研究で勝敗が決まるほど簡単なものではない”と思っているので、序盤の分かれはあまり気にしていない」

 

「悪い将棋は相手が悪手を指さない限り逆転しないが、どんな将棋でも一度くらいは逆転のチャンスが巡ってくるものである。盤上盤外にもろもろの策を弄し、逆転のチャンスを作り出し、そしてそれを逆転に結びつけていくのが私の将棋だ」

 

「将棋の世界で、一番大切な大局観だ。つまり、勝つためにはどうすればいいかを全体を通してみる“状況判断能力”である」

 

【プロ棋士について】

棋士は、将棋に命を懸けているのである。盤上には神が宿っている
将棋界には八百長はない

 

「変える必要もないし、変えられない、あるいは変えるのが億劫だということになったら、そのときは僕が引退するときだ」

【永瀬拓矢流】絶対にプロ棋士になる方法を解説!「将棋は才能ではなく努力」
毎日10時間以上将棋の勉強に費やし、年間5000時間を20年間続ける永瀬拓矢先生の「絶対にプロ棋士になれる方法」を解説している記事です。 「将棋は才能ではなく努力」と言い切る永瀬先生。 永瀬先生と言えば『軍曹』の異名まで持つ、ストイックな棋...

【勝負について】

「自分にとって関係のない試合でも、相手にとって非常に重要な勝負の場合がある。そういう時こそ、自分の力をだしきらなければならない」

 

「勝利の女神は、正しいか否かよりも、笑いがあるか、謙虚であるかどうかを重視している」

 

「最終的に頼れるのは、自分自身の力だけなんです」
戦うなら、未来と戦うべきである

 

「過程でまったく笑いがない場合には、どこかで破綻が生じる」

 

「これまで勝利してきた得意な手が、どうにも通用しなくなる。要するに時代遅れになっているわけです。どんどん出てくる若手の棋士はピストルの弾丸のようなものです。そこで自分のやり方に固執する、かつての勝者の末路は哀れです。頭でわかっていても行動できない。自分の思い込みや心理状況を冷静に分析することが必要です」

 

「一般的に形勢が有利なときは正攻法で攻めるのがよく、不利な場合はじっと我慢して、相手の攻めを耐え忍び、相手のミスを見つけたところで反撃に転じるという戦略をとる」

 

「今は最善なんだけど、それは今の時点であって、今はすでに過去なんです」

【男について】

「女房を大事にしないような男は、よそへ行ってもモテません(笑)。今、目の前にあるものを、大事にしないということですから」

 

「男のほうから見て素敵な女性というのは、心が安らぐ女性、ただそれだけである」」

 

「モテない理由ははっきりしている。その男がケチだからである」

 

「男の約束は法律に優先する」

 

【上達について】

「師匠の言葉には、すべて反発」

 

「意識して、頂上を見なければいけません」

 

「スランプへの対処法として、最も上策、極意ともいえるやり方は、『笑い』である」

 

「前に進もうとしなければ、後退してしまうものなんです」

 

「いちばんいい薬というのは、『お前は天才だ、才能がある』という、この一言なんです」

 

「私は宗看・看寿の詰将棋をはじめとして、ありとあらゆる詰将棋を詰ました。それと「次の一手」の勉強。私の将棋は「詰将棋」と「次の一手」の二つだけ」

 

「詰将棋は、手数に応じて深く読んで、しかもそれが全部最善手だと、一人で確認できるということが大きい。「読み」の練習に最も役立つと私が勧めるゆえんである」

 

「詰将棋を見て、一番大事なことは、詰んだとか詰まないとかということではなく、「解いてみようかな」という気持ちになることだ」

 

「身体は使うほど衰えるが脳味噌は逆、脳味噌から汗がでるほど使え」

 

「知識や経験とはこのようなもので、身につけたときは得意に思っても、いつかはカビが生えて使い物にならなくなります」

 

「早く強くなる勉強法と、力を持続する勉強法は、別ものです」

 

「いちばん得意な戦法をやらないで、不得手な戦法に取り組む。あるいは相手の得意に飛び込んで行って戦う。それができるかできないかがポイント」

【おすすめの詰め将棋の本】初心者から初段までこの詰将棋を解いておけば間違いない
将棋の棋力上達に必須なのが”詰め将棋” 初心者からプロ棋士までみんな強くなるために、詰め将棋を解いています。 この記事では棋力に合わせた手数や、おすすめの詰め将棋の本をご紹介しています。 おすすめの詰め将棋本 浦野真彦の詰将棋ハンドブックシ...
実戦で役に立つ将棋の格言まとめ
将棋には”格言”と呼ばれる簡単に将棋の基礎を言い表したものがあります。 初心者や級位者は要所要所において、これらの格言を思い出すことで、将棋の本質に迫った対局ができるようになります。 有段者でも将棋の格言を改めて学ぶことで、基礎力を鍛え直し...

【仕事について】

「目の前の仕事を社長になったつもりでこなしていくと、いずれ社長になれます」

 

「一緒に研究をするという謙虚な気持ちと情熱がなければ、若者は去っていきます」

 

「人としてサラリーマンとして経営者として変えるべきもの、これだけは変えてはならない普遍的なもの。その区別がつくかが、勝者としての条件なのです」

 

「真剣な時間があれば、その反動として遊び呆けるときが必要である。遊びは仕事の影である」

 

【人生について】

「人生も40年、50年生きていると、あるときふっとその知識や経験にカビが生えていることに気づくわけです。老化とともに体力や思考力が衰えてくるのは致し方ないとしても、本来衰えないはずの経験や知識までもが腐っていることに気づく。それが40歳ごろの私でした。それも悔しいことに、一番腐っているのは自分の十八番の戦法だったりするわけです」

 

「私が50歳を間近にして、名人位を獲得できたのは、40歳というすでに若くない段階から変化を試みたことへの神様からのご褒美だったと思っています」

 

「人間だから一度の過ちは仕方がないことです。一回の悪手に動揺しても、そこで辛抱して冷静さを取り戻せるかどうかがその人の運命を左右します」

 

「大人は不安要素を回避するあまり、若者をバカにしがちですが、宮本武蔵の『五輪書』を見ても

 

「居つくことは死ぬことなり」とちゃんと書いてあります」

created by Rinker
¥772(2024/02/19 14:09:43時点 Amazon調べ-詳細)
米長邦雄のおもしろエピソードと名言、ツイート集【まとめ】
「兄達は頭が悪いから東大へ行った。自分は頭が良いから将棋指しになった」 将棋界には、こう発言した大棋士がいます。 それが米長邦雄という元将棋連盟会長です。 「彼だけは会長にしてはいけない」こう言われた米長の奇行、下ネタ、師匠との爆笑トークまでおもしろいエピソードを一挙に紹介している記事です。
タイトルとURLをコピーしました