【羽生善治が大頓死】一手詰みを見逃し大逆転負けした将棋

羽生善治大頓死

竜王戦の挑戦者決定戦で羽生善治が一手詰めを見逃して大頓死。
驚きすぎて「ひっ飛車ぁ!」と叫んでしまった対局相手の木村一基。
その後、何事もなかったかのように感想戦を始める羽生にさらに驚く木村一基。
後に羽生は「指し直したい一手」にこの対局を即答しています。
トップ棋士も頓死するんですね。

頓死とは

将棋用語で”頓死”というのは勝勢だった将棋を自身のミスで”負け”にしてしまうことです。

アマチュアの人なら読み抜け等があって頓死もよくあることなんですが、プロ棋士でもやってしまうんです。

勝利目前という将棋を一手のミスで負けにしてしまう。これほど悔しく、恥ずかしいことはありません。

プロ失格なんて思うかもしれませんが、あの羽生善治も大頓死をしたことがある一人なんです。

 

羽生善治の大頓死

2005年竜王戦の挑戦者決定戦三番勝負。

羽生善治四冠(当時)と木村一基五段(当時)が竜王戦の挑戦者を懸けて激突していました。

その第一局目で羽生の大頓死は起こりました。

横歩取りに進んだ将棋は羽生勝勢の展開に。

5六銀

5六銀と王手がかかった局面

これは羽生が逃げ切れば勝ちという局面で、両対局者ともに”先手の羽生勝ち”だと思っていました。

この局面では王手がかかっているので羽生は”玉”を逃がさなければいけません。

この局面で考えられる手は以下の5通りです。

同玉、6四玉、6六玉、7五玉、7六玉

この中で、6四玉以外はどこに逃げても羽生勝ちになります。

しかし、なにを思ったか羽生は”6四玉”と指しました。

6四玉

6四玉と逃げた局面

この”6四玉”を見た対局相手の木村一基は「ひっ飛車ぁ!」と驚きのあまり叫んでいたそうです。

そうなんです。これは”6五飛”の一手詰み。

6五飛

6五飛と打たれて詰んでしまった局面

 

詰まされるほう(一手詰み)に逃げてしまった羽生善治の大頓死です。

 

投了後の羽生善治

この後、もちろん羽生は負けてしまったのですが、投了したあと普通に感想戦を始めたそうです。

一手詰みの見逃しにも驚いた木村一基はその後の冷静な羽生にも驚いていました。

羽生善治のようなトップ棋士でも大頓死はあるんですね。

しかしこれが三番勝負の第一局目だったのが不幸中の幸い。
このあとの2局目と3局目を勝った羽生は見事、竜王戦の挑戦者になりました。

こういうところは「さすが」としか言いようがありませんね。

ちなみに、このことがきっかけかは定かではありませんが、これ以降、終盤に勝勢になっても羽生の顔は険しく、眉間にシワを寄せるようになったとの説があります。

 

指し直したい一手

ニコニコ超会議で行われたイベントでの質問に答えるコーナーにて。

「もし神様から昔の対局を一手だけ指し直せる権利をもらえたら、どの対局を指し直しますか?」

という質問に羽生善治は「一手詰めをうっかりして負けた」この一局を挙げていました。

普通だったら一手詰めは1秒立たないくらいで見つけなければいけないですが、さすがにその時は恥ずかしかったですし、血の気が引きました。王手をかけられて初めて、逃げる場所がないことに気付くってことがあるじゃないですか。あれを何十年ぶりかにやってしまいました。

と答えていた羽生。

しかし、その後の気持ちの切り替えは常人には真似できないものがありますね。

created by Rinker
¥673 (2021/10/28 16:58:49時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました