【2024年第73期王将戦七番勝負】藤井聡太王将vs菅井竜也八段の結果速報(王将リーグ結果) | ブラジルから王手飛車取り

【2024年第73期王将戦七番勝負】藤井聡太王将vs菅井竜也八段の結果速報(王将リーグ結果)

2024年1月から開催される第73期ALSOK杯王将戦のタイトル戦の速報記事です。
藤井聡太王将vs菅井竜也八段挑戦者による持ち時間8時間2日制のタイトル戦の勝敗、日時、対局場所を記載しています。下記に同期の王将リーグの結果も記載しています。


スポンサーリンク

棋王戦の概要

  • タイトル保持者:藤井聡太棋王(棋王獲得数:2期)
  • 挑戦者:広瀬章人九段
  • 持ち時間:8時間 2日制
  • 開始:午前9時00分
  • 昼食休憩:12時30分~13時30分(1時間)
  • 1日目 18時過ぎたら封じ手
  • 終局見込み:2日目 夕方~20時頃

 

両者の対戦戦績(2023年12月まで)

全15局(うち千日手2局)

  • 藤井聡太:9勝
  • 菅井竜也:4勝

 

第73期王将戦七番勝負の結果

第73期ALSOK杯王将戦のタイトル戦の日程と場所、七番勝負の結果です。

(※以下随時更新予定)

局数タイトル保持者挑戦者日時場所
藤井聡太王将菅井竜也八段
1局目1/7(日)
1/8(月)
栃木県
大田原市
ホテル花月
2局目1/20(土)
1/21(日)
佐賀県
三養基郡
大幸園
3局目1/27(土)
1/28(日)
島根県
大田市
さんべ荘
4局目2/7(水)
2/8(木)
東京都
立川市
オーベルジュ
5局目2/17(土)
2/18(日)
大阪府
高槻市
山水館
6局目3/9(土)
3/10(日)
静岡県
掛川市
掛川城
7局目3/30(土)
3/31(日)
東京都
練馬区
白瀧呉服店
勝利数4勝0勝

 

藤井聡太王将の4勝0負で、王将位防衛となりました。

王将戦で負けなしの4連勝をしたため事実上は指し込みが成立しました。

※尚、指し込み制の香落ちの対局は行われません。

 

【将棋の指し込み制とは?】大橋宗銀・伊藤印達の五十七番勝負に見る将棋界の鬼ルールを解説
将棋界には”指し込み制”というルールがあります。 これは江戸時代にはすでにあったルールで、簡単に言うと”ハンデ戦”です。 しかし、トップの棋士達にとっては最大の屈辱であるこの指し込み制は、かの有名な”陣屋事件”を引きおこし問題になりました。...

 

王将戦の詳細

【第一局】

  • 先手 菅井竜也 八段
  • 後手 藤井聡太 王将
  • 戦型 相穴熊
  • 封じ手 菅井竜也
  • 手数 120手で菅井八段が投了

【第二局】

  • 先手 藤井聡太 王将
  • 後手 菅井竜也 八段
  • 戦型 先手居飛車穴熊vs後手三間飛車
  • 封じ手 藤井聡太
  • 手数 113手で菅井八段が投了

 

【第三局】

  • 先手 菅井竜也 八段
  • 後手 藤井聡太 王将
  • 戦型 先手向かい飛車vs後手居飛車左美濃囲い
  • 封じ手 菅井竜也
  • 手数 94手で菅井八段が投了

 

【第三局】

  • 先手 藤井聡太 王将
  • 後手 菅井竜也 八段
  • 戦型 後手3二飛車戦法
  • 封じ手 菅井竜也
  • 手数 121で菅井八段が投了

 

第73期王将戦の挑戦者決定リーグ

2023年に行われた王将戦の挑戦者決定リーグの結果です。

順位は前年度の成績に基づいています。

順位氏名1234567
1羽生善治九段42
近藤

佐々木

豊島

渡辺

菅井

永瀬
2豊島将之九段24
佐々木

近藤

羽生

永瀬

菅井

渡辺
3永瀬拓矢九段42
菅井

渡辺

豊島

近藤

羽生

佐々木
4近藤誠也七段33
羽生

豊島

佐々木

永瀬

渡辺

菅井
5渡辺 明九段15
菅井

永瀬

羽生

佐々木

近藤

豊島
5菅井竜也八段51
渡辺

永瀬

佐々木

羽生

豊島

近藤
5佐々木勇気八段24
豊島

羽生

菅井

近藤

渡辺

永瀬

以上のリーグ戦の結果、5勝1負で菅井竜也八段が第73期王将戦の挑戦者に決定しました。

尚、羽生九段、永瀬九段、近藤七段はリーグ残留となり、豊島九段、渡辺明九段、佐々木勇気八段はリーグ陥落となりました。

 

【天才】藤井聡太の凄さと伝説を81個のエピソードでまとめました
この記事では、藤井聡太先生に関するエピソードを紹介しています。 今回は藤井聡太先生のエピソードをわかりやすく81個でまとめてました。 好きな駒から周りのプロ棋士の反応まで多様なエピソードを一挙紹介。 藤井聡太とは 藤井聡太(ふじいそうた) ...
【菅井竜也のワープ角事件】トッププロ棋士の反則負けを解説「その角はどこから来ましたか?」
この記事ではB級順位戦で起きた「将棋界のワープ角事件」を後日談を含めて解説しています。 当時の菅井竜也七段と橋本崇載八段の対局です。 菅井七段優勢で進んだ局面から角のワープ、そして幻の5五銀打つで「その角はどこから来ましたか?」と記録係が聞いた。


 

created by Rinker
中日新聞社
¥1,540(2024/02/21 06:26:16時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました