プロ棋士 大平武洋の早指し将棋伝説【~ZONEのために~】

大平ZONE

プロ棋士”大平武洋”の早指し伝説について書かれた記事です。
有名なZONEの解散コンサートの早指しエピソードから中学生名人戦、そして漫画ハチワンダイバーの中でも早指しを披露する大平武洋。
その師匠はなんと株主優待で有名な桐谷広人です。

大平武洋とは

  • 1977年5月11日 生まれ
  • 東京都 出身
  • 桐谷広人 門下
  • 居飛車党

 

師匠は株主優待生活で有名な桐谷広人なんですね。
桐谷広人の師匠は升田幸三なので、大平武洋は升田幸三の孫弟子にあたります。升田幸三の記事はこちら

大平は奨励会員の頃から、ギャンブルや麻雀が好きで、師匠や仲間との研究会も遅刻したり、ドタキャンしたりと、あまり真面目な棋士ではなかったようです。

師匠の桐谷も「(お子さんは)もうダメだ」と大平の両親に手紙を送るほどでした。
後に実の父親も「まさかプロ棋士になれるとは思っていなかった。」と話しています。

そんな大平武洋と言えば早指しです。

 

大平武洋の早指し伝説

中学生名人戦で早指しで優勝

大平武洋が早指しだったのは子供の頃からだったようで、中学生名人戦でのこと。

当時、中学1年生だったにも関わらず、並みいる強豪を倒し、中学生名人戦で優勝。

その時の決勝戦の消費時間はわずか10分というかなりの早指し。

ちなみに決勝の相手はカツラ棋士でもお馴染みの佐藤紳哉です。佐藤紳哉の記事はこちら

佐藤紳哉は大平武洋と対象的に長考派なので、その時の決勝戦では30秒の秒読みに入っていたそうです。

 

ZONEのためにノータイム指しで勝利

大平武洋の早指し伝説で最も有名なのが、ZONEの解散コンサートに行くために持ち時間を1分も使わずに勝った話です。

大平はZONEの大ファンで、メンバーの中でもMAIKOさんの大ファンなんです。
将棋の成績が不振だったときに「ZONEのMAIKOが芸能界を引退したら俺も棋士をやめる」と宣言するほどでした。

当時、ZONEが解散することになって、大平は2~3日間、家から一歩も外に出られないぐらいのショックを受けたそうです。

そして、ZONEの解散コンサートには絶対に行こうと思っていたのに、解散コンサートの日に不運にも対局が組まれている。

これはもうベストを尽くすしかない

と迎えた対局当日。
対戦相手は児玉孝一七段(当時)
持ち時間5時間の竜王戦6組の昇級者決定戦の一回戦でした。

戦型は相居飛車のよく見ない形になり、お互いほぼ居玉のまま開戦。

この時の大平四段はZONEの解散コンサートに行きたい一心でノータイム指し

そして92手で大平四段の勝利となりました。
消費時間は大平0分、児玉27分
終局時刻は午前10時52分

こうやって見ると児玉先生も気を使ったのか、あまり時間を使われていませんね。
コンサートに間に合ったのは児玉七段のおかげかもしれません。

終局後はZONEのコンサートのことがあるので、もちろん感想戦はしなかったそうです。

対局場の関西将棋会館(大阪)から大平先生は急いで空港に行き、午後1時の飛行機に乗って、東京へ。

そして、午後6時30分からのZONEの解散コンサートに間に合うという偉業を成し遂げました。

この持ち時間を1分も使わずに勝ったのは伝説になっています。

ちなみにその後、全国各地で行われたZONEの解散コンサート全てに行った大平先生でした。

 

漫画でも早指し

将棋漫画”ハチワンダイバー”に大平武洋は共同将棋監修として携わっていました。

その漫画の中で、”プロ棋士大平武洋五段”本人として登場し、早指しを披露しています。

ちなみにハチワンダイバーの中でも大平先生のZONE解散コンサート伝説は描かれており、早指し棋士としての地位を確立しています。

タイトルとURLをコピーしました