室谷由紀

【女流棋士・室谷由紀について】かわいい美人女流棋士は競馬好きで大のタイガースファン

美人女流棋士・室谷由紀先生についてまとめた記事です。
かわいいルックスで一躍美人女流棋士の代名詞ともなった室谷由紀女流の将棋を始めたきっかけからタイトル挑戦。そして、プライベートでは競馬好きな一面や優勝したら号泣するほどの大の阪神タイガースファンなところまで詳しく解説しています。

室谷由紀とは

  • 名前:室谷由紀(むろや ゆき)
  • 旧姓:谷口
  • 生年月日:1993年3月6日
  • プロ入り年月日:2010年7月17日(17歳)
  • 女流棋士番号:42
  • 出身地:大阪府大阪狭山市
  • 師匠:森信雄七段
  • 将棋:振り飛車党

Xアカウント:@muroyan_y

Instagramアカウント:@muroya_yuki

ブログ:室谷由紀の日記

 

室谷由紀と将棋

女流棋士になるまで

室谷由紀女流が小学1年生の時に、母親の友人の息子が地元のこども将棋教室に入っていたのをきっかけに、母が室谷女流と姉をそこに入会させました。

当初の入会目的は「将棋を通して礼儀やマナーを学ぶこと」だったそうです。

そこの将棋教室がめちゃくちゃ礼儀作法に厳しい教室だったようで、姉と2人で何度も「辞めよう」と話していたのだとか…。

しかし、辞める前に出場した将棋大会で、運良く準優勝した室谷女流はそこから”勝つ喜び”を体験し、将棋の道へと進んでいきます。

その後…。
関西女流アマ名人戦では、2006年に準優勝、2007年で優勝は果たし、2008年9月に女流棋士の育成機関である女流育成会に入会。

2010年7月17日に年間5勝目を挙げ、女流2級への昇級を果たし、室谷女流は晴れて女流棋士となります。

それからは昇級昇段の快進撃。

2011年4月1日付で女流初段に昇段(9か月間で3ランク昇級昇段)

女流棋士になり1年足らずで、女流初段になります。

 

関東移籍

女流初段にスピード昇段したものの、タイトルへの挑戦もなく昇段もなくずるずると年月が過ぎていた頃。

心機一転し、2014年4月1日付で所属を関西から関東への移籍を発表します。

室谷女流はこのことについて「栗東から美浦へと所属変更したようなもの」と好きな競馬で例えていました。

そして、この頃に同志社大学文学部を将棋に専念するために中退されています。

これは個人的な推察ですが…。

香川女流が2012年4月から関東から関西に所属を移したことが影響しているのではないかと思います。

室谷女流は生涯のライバルに同い年の香川愛生女流を挙げ…。

「彼女がいなければ、私はここまでやれていない。でも私は常に彼女より下」

と述べるほど意識している関係です。

その関西移籍が功を奏してか、再び室谷女流の快進撃が始まります。

 

タイトル挑戦

初タイトル挑戦。

2015年、第9期マイナビ女子オープン五番勝負で加藤桃子女流に1勝3敗で敗退。

名前第一局第二局第三局第四局第五局結果
加藤桃子勝ち
室谷由紀負け

2度目のタイトル挑戦。

2016年、第24期倉敷藤花戦三番勝負で里見香奈女流に1勝2敗で敗退。

名前第一局第二局第三局結果
里見香奈勝ち
室谷由紀負け

3度目のタイトル挑戦。

2018年、第26期倉敷藤花戦三番勝負で里見香奈女流に0勝2敗で敗退。

名前第一局第二局第三局結果
里見香奈勝ち
谷口由紀負け

4度目のタイトル挑戦。

2019年、第46期女流名人戦五番勝負で里見香奈女流に0勝3敗で敗退。

名前第一局第二局第三局第四局第五局結果
里見香奈勝ち
谷口由紀負け

5度目のタイトル挑戦。

2020年、第42期霧島酒造杯女流王将戦三番勝負で西山朋佳女流に1勝2敗で敗退。

名前第一局第二局第三局結果
西山朋佳勝ち
室谷由紀負け

2023年までに計5回のタイトルに挑戦していますが、いずれも敗れています。
女流タイトルの壁は高いですが、今後の室谷由紀女流の活躍に期待です。

ちなみに室谷女流はゲン担ぎを兼ねて対局前日に焼肉を食べるのが恒例で、一人焼肉に行くことも多いそうです。

 

藤井聡太の初対局相手

2016年10月1日。

藤井聡太先生が三段から四段へと昇段し、プロになった日。

名古屋での公務の前に藤井聡太先生の師匠の杉本昌隆先生が主宰する研究会に参加します。

そこで室谷女流が最初にに対局したのが藤井聡太先生でした。

そこでの会話が以下です。

室谷由紀
「今日から先生、四段ですね!」
「棋士になって一番最初に指した人は私ということでいいですか?」。

藤井聡太
「あ、ハイ…」

とこのような流れで室谷女流は藤井聡太先生のプロ入り後初対局の“認定”をゲットしました。

 

室谷由紀と競馬

室谷女流は競馬好きです。

G1レースの時は毎回1万円分買うと決めているほどの競馬ファンです。

そんな室谷女流の競馬好きが定着したのは2017年6月25日の宝塚記念でしょう。

この日はちょうどニコ生で叡王戦の聞き手をしていた室谷女流でしたが、放送中に馬券を確認することになります。

そして、それが見事大的中!

生放送中に万馬券が的中した美人女流棋士として有名になります。

ちなみにその時の馬券はというと…。

11番のサトノクラウンの単勝に2000円そして複勝にも2000円

三連単BOX(2・5・6・8・11)

それぞれ100円ずつで計6000円

単勝・複勝・三連単の合計で1万円分の馬券を買っていました。

本命はサトノクラウンです。

なぜなら室谷女流はミルコ・デムーロ騎手推し。

この時のサトノクラウンはミルコ・デムーロ騎手騎乗でした。

そして、将棋指しならではの競馬の読みはというと…。

「キタサンブラックが来ていなかったら当たってます!」

と、この時の室谷女流の読みとしてはキタサンブラックは1着か大敗。

そして、その時の結果が…

1着サトノクラウン 11
2着ゴールドアクター 2
3着ミッキークイーン 8

単勝:900円 (18000円)
複勝:480円 (9600円)
三連単:70420円

合計98020円の大当たり

ちなみにキタサンブラックは9着と室谷女流の読みはばっちり。

生放送中にも関わらず、テンション上がって喜んでいた室谷女流。

そのあとのお便りのコーナーでも噛み噛みで

「今日もうダメです」

とギブアップ状態でした。

 

ちなみに、室谷女流は2023年の宝塚記念も当たっていました。

 

室谷女流の馬券情報はこちら

https://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=238

 

室谷由紀とタイガース

室谷女流は大のタイガースファンとしても知られており、X(旧Twitter)アカウントのプロフィール覧にも明記しているほど。

2023年に18年ぶりとなるセリーグ優勝を決めた時には号泣したようです。

さらにプライベートではバッティングセンターにも通うほどの野球好き。

もちろん観戦にも行かれています。

渡辺明先生とは競馬好きでフットサルもやられているので、色々と共通点が多そうです。

解説でも渡辺明先生と室谷女流はよく共演されている印象があります。

渡辺明先生のサバサバした素直な性格が大阪出身の室谷女流と合うのでしょうね。

一応書いておきますが、お二人共既婚者です。

 

created by Rinker
ノーブランド品
¥6,980 (2024/06/18 07:23:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥385 (2024/06/18 00:22:03時点 Amazon調べ-詳細)

-室谷由紀
-, , , , ,