渡部愛

【渡部愛のドジエピソード】ドジっ子女流棋士はよく転び、よく落し、よく閉め出される


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/xs805327/shogi-oute.com/public_html/wp-content/plugins/rich-table-of-content/functions.php on line 490

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/xs805327/shogi-oute.com/public_html/wp-content/plugins/rich-table-of-content/functions.php on line 490

渡部愛女流のドジっ子エピソードを紹介しています。
かわいいルックスなのによく転び、よく落し、よくホテルの部屋から閉め出されている渡辺女流。
おもしろいドジエピソードをご覧ください。

渡部愛のドジエピソード

渡部愛女流のドジっ子ぶりは将棋界ではかなり有名で、よく転び、よく落し、よくホテルの部屋から閉め出されています。

まずは、本人(渡部愛女流)によるX(旧Twitter)の投稿が以下。

17歳通学中に靴が脱げて転ぶ
18歳記憶なし
19歳ケーキを片手に階段で転ぶ
20歳階段踏み外して友達の手を掴む
21歳記憶なし
22歳記憶なし
23歳 YAMADA杯開会式後に階段で転ぶ
24歳東京駅の階段で転ぶ
25歳横浜駅の階段で転ぶ
26歳お寺で段差が見えず転ぶ

七転八起の人生や。

それでは、歩いていただけで電柱にぶつかったことがある渡部女流のドジっ子エピソードをどうぞ。

 

【転倒編】

・将棋会館を出て何もないところで転び、膝から出血して帰宅。

・駅のエスカレーターで盛大に転んで貧血を起こし、本気で意識を失う。

・階段を踏み外して青あざを作る。

・誕生日を迎え「26歳は落ち着きのある女性になりたい」と誓うも、それから1週間も経たないうちに、また段差でつまずき、今度は膝からダイブして出血。

・電気コードに引っかかって転び、なぜか腕にたんこぶをつくる。

・ファニーボーンをぶつけて「壁に強打してしまだた」とツイート。

・寝る直前、ベッドへ背面飛びでダイブ。枕を通り越してベッドの上の充電器を置くところに見事に着地。頭部強打で半泣き。

・家の外でサイレンが鳴っているので見ようとしたところ、頭を窓にぶつける。痛くて半泣き。

・床のものを取ろうと屈み、起き上がろうとした瞬間、顔面の真中を全体的にドアで強打。何が起きたのか自分でもわからないが、とりあえず痛すぎて泣く。

・電車から降りようとしたところ、手すりの鉄にひじを思いきりぶつける。あまりの痛さに動けなくなり、ホームの椅子で休む。悲鳴をあげなかったのは一つの成長。

・中倉彰子女流二段から、何もないのに転ぶことを「まなちゃん現象」と名づけられる。料理で指を切ってしまった際には「まなちゃんに近づけた気がします」とツイートされる。

 

【将棋編】

・スマホの対戦アプリで「あっ!」とよく叫ぶ。電車の中でも、何度も叫んだ。

・対局中、間違って隣りの対局のチェスクロックを押したことがある。

・記録係を務めた際、タブレットに「女流三段 渡部愛」と入力すべきところ「女流三段 階渡部愛」となってしまい、そのまま対局者に提出。あとで「三段」が「三段階」に変換されていたと知る。

・オンライン対局で、相手に飛車を打たれて横から王手される。上に逃げるべきところ、マウスミスで横に逃げて玉を取られる(反則負け)。パソコンの前で「ああああ!!!!」と叫ぶ。

・仕事で宮城県の新春将棋大会に。そこでiPhoneを落とし、ジャケットも忘れて帰る

・2016年、仕事先の旅館で、自室の部屋の鍵ではなく金庫の鍵を持って外出。オートロックで閉め出される。

・2018年、地元北海道でおこなわれた女流王位戦五番勝負第1局。大一番を前にした朝、ホテルの自室からオートロックで閉め出される。

・2021年白玲戦七番勝負。「今回のタイトル戦ではオートロックで閉め出されませんように」とツイートしたところ、第2局で閉め出される。

 

【料理編】

・切れ味の良い包丁を買ってから、一ヶ月に3回ぐらい、指を切るようになる。

・大根おろしを作っていたところ、自分の親指までおろす。

・じゃがいもの皮をピーラーでむいいたたら、指までむいてしまう。

・ガスコンロの近くで計量カップを溶かす。

・揚げ焼きの春巻きをフライパンへ入れたあと、すっかり忘れて黒焦げにする。

・冷蔵庫から味ぽんの瓶を落として割る。床を拭いた後、そこですべって足をひねる。

・年始に雑煮を作って鍋を片づける際、手が滑っておせちの重箱を盛大にひっくり返す。

・揚げ物をしていて、鍋に温度計を落とし、揚げてしまう。

 

【買い物編】

・紅しょうがを買い忘れたので再度スーパーへ、ラーメンと魚だけ買って帰ってくる。

・トイレットペーパーを買ってきて、袋を開け取り出してみたら、キッチンタオル。

・切手を買ってきたものの、どこにも見当たらない。探した結果、冷蔵庫でヨーグルトと一緒に冷やしていたとわかる。

 

【その他編】

・整体で寝落ちしている際「鮭のハラス」という自分でも謎の言葉をつぶやいて、驚いてわれに返る。

・ラインで予定を連絡する際「4月6日(銀)」と謎の「銀曜日」を指定。指摘されるまで気づかず。

・駅で切符を買って母に渡したつもりが、領収書だった。母が改札で通れないのを見て、自分のせいなのに盛大に笑う。

・年末、部屋を暗くして寝ていたところ、未明に突然テレビがついて、ホラーかと震える。『天国と地獄 〜サイコな2人〜』の再放送を録画予約したつもりが視聴予約になっていた。なお録画は失敗。

・仕事先でジャケットにクリーニングのタグがついたままと指摘される。恥ずかしかったので今後は気をつけると決意した1週間後、ワンピースのタグをつけたまま仕事に行く。

・それから数年後。駅のエスカレーターで靴が脱げる。恥ずかしすぎて早歩きになったら追いかけてくる人がいる。「タグ付いてますよ!」と洋服のタグがついたままなのを指摘される。

・それから数年後。こんどは靴がエスカレーターにひっかかって壊れる。

・洗濯前、柔軟剤のボトルを床に落として大惨事。ここまではよくあることなので驚かない。冷静にボトルの蓋を閉め、洗濯機を起動し、床の掃除を始める。洗濯が終わって、なぜか棚に戻したはずの柔軟剤ボトルが洗濯機の中から出てきて驚く。

 

渡部愛女流曰く、ツイートに書かれているやらかしだけでもファンから心配されるが、実際の生活ではもっといろいろあり、ツイートしていないだけで毎日やらかしています。とのことです。

さらに詳しいドジエピソードについては下記のリンクよりご覧ください↓

引用元:将棋界一のドジっ子? 渡部愛女流三段、ゆるふわエピソード集!

 

created by Rinker
¥770 (2024/07/24 08:36:59時点 Amazon調べ-詳細)

-渡部愛
-